感謝の習慣

感謝を習慣にすると、
いいことが起こる本当の理由

感謝とは、祈りです。
神に感謝する、宇宙に感謝する、家族に感謝する、自分を助けてくれる人に感謝する、自分に何かをしてくれる人たちに感謝する、自分自身に感謝する。すべてに感謝するとき、私たちの心はどんどん安定し、豊かになっていきます。

神、宇宙、天使、精霊など、目に見えない存在に感謝するのは、祈りそのものだと言えるでしょう。そして、それらに対する感謝の言葉を毎日口にすることによって、あなたの心は穏やかに平和になっていき、周りの人に対しても愛のこもった対応ができるようになります。すると、それだけであなたにはどんどんいいことが起こってくるのです。

ただ、何かいいことを引き寄せようとして神さまに感謝するのは、ちょっと問題があるかもしれません。何かを求めて感謝するのではなく、いまある幸せを心の底から「ありがたい」と思って感謝の祈りをささげるとき、あなたの波動はぐっと高くなります。
何かを求めて感謝の祈りをささげるのは、それが実現しなかったら感謝しません、と言っているようなものであり、あなたに邪心があるからです。

引き寄せようなどとは思わずに、ただ感謝の祈りをささげることこそが、あなたに幸せをもたらします。

VIGOR
Author: VIGOR
I am a strange middle aged man. 日本社会をそして中高年男性を元気にするために情報を集めようとする変なおじさんです。どうぞよろしく。