コンサルタントとは

コンサルタントは特定分野においての高い知識で、顧客へ指導やアドバイスをする専門家です。
コンサルティングの仕事の本質は、何が問題かを突き詰め、その課題解決を考えて助言することです。知っていることを教えるのではなく「本質を考えて」「助言する」ことがコンサルティングという仕事になります。「本質的な考え方や課題解決の戦略」を助言することで仕事は終わり、実際にその戦略の実行に関わることではありません。あくまで、実行はクライアント自身が行います。

語源となる英語の「Consult」を辞書で調べてみると、「意見を聞く」、「助言を求める」といった意味があります。また、「診察してもらう」という意味もあることから、お客様のことを「クライアント(患者)」と表現しているのです。「相談する」という意味合いからか、銀行の預金相談役や生命保険の営業マンもコンサルタントと呼ばれることがありますが、本来コンサルタントとは戦略家のことを言います。

コンサルティングには、さまざまな形態のコンサルタントがいます。
そしてその専門分野の助言を行う役割を担います。
ビジョン戦略コンサルティング
マーケティング戦略コンサルティング
ブランド戦略コンサルティング
人事戦略コンサルティング
建設コンサルティング
IT戦略コンサルティング
経営戦略コンサルティング
営業戦略コンサルティングなど
細分化すれば沢山のコンサルタントの形態があります。

VIGOR
Author: VIGOR
I am a strange middle aged man. 日本社会をそして中高年男性を元気にするために情報を集めようとする変なおじさんです。どうぞよろしく。