顧客創造の経営

 

 

 

事業の目的は顧客を創造することである。

 

企業の目的は、それぞれ企業の外にある。企業は社会の機関であり、目的は社会にある。
したがって、事業の目的として有効な定義は一つしかない。顧客の創造である。

出典:「現代の経営」 P.F.ドラッカー

組織は単独では存在し得ません。売上・利益は顧客のいる組織の外にあります。
組織の中にあるものはコスト・努力のみです組織は外部への貢献をもってはじめて存在することができるのです。
ドラッカーの経営では、市場・顧客へのかちを創造していくこと、即ち顧客創造の経営をもって組織は社会へ貢献していきます。