ファイブフォース分析

ファイブフォース分析とは、ビジネスにおいて業界全体の収益性を決めるとされる「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「競争企業間の敵対関係」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」という5つの要因から、業界の状況を分析するフレームワークです。ファイブフォース分析の特徴は、ひとつひとつの企業ではなく業界全体を分析すること。5つの要因について問いを立てて、答えを出してみることで、業界にとっての脅威を把握できます。

売り手の交渉力

当該業界に対して原材料を提供する側が、強気な販売を行なう可能性を分析します。売り手の交渉力が強いと、仕入れ値が高止まりするため、当該業界における収益は少なくなります。

  • 売り手の数は市場に対して十分か?
  • 売り手は業界への参入を狙っているか?
  • 売り手が独占している技術はあるのか?

買い手の交渉力

当該業界が生み出す商品・サービスにどれだけの売り値をつけられるかを分析します。買い手(取引相手・消費者)の交渉力が強いと、販売価格を低く設定せざるをえず、当該業界における収益は少なくなります。

  • 買い手の数は市場に対して十分か?
  • 商品の差別化は買い手にとってメリットか?

競争企業間の敵対関係

当該業界内の競争について分析します。業界内の競争が激しいと、自社が突出した利益を出すことが難しくなります。

  • ライバル企業は多いか?
  • ライバルの影響力は自社と同等か?
  • 成長率が鈍く、シェアの奪い合いになっていないか?

新規参入業者の脅威

当該業界への新規参入者による利益損失の可能性を分析します。新規参入が容易な状況であれば、自社に対する競合がどんどん増えるかもしれませんね。

  • 新規参入にかかるコストは高いか?
  • 既存企業は新規参入に対して反発するか?

代替品の脅威

代替品の存在により、当該業界の生む商品・サービスが買い手から選ばれなくなる可能性を分析します。たとえば、フィルムカメラにとっての代替品はスマートフォンです。スマートフォンの登場・普及によって、フィルムカメラはマイナーな存在になってしまいましたね。

  • 代替品のコストパフォーマンスは当該業界よりも高いか?

あなたの業界において、それぞれの「脅威」に当てはまるものは何でしょうか? ファイブフォース分析というフレームワークを用い、あなたのビジネスにおける脅威を正しく認識し、今後の方針に反映させましょう。

VIGOR
Author: VIGOR
I am a strange middle aged man. 日本社会をそして中高年男性を元気にするために情報を集めようとする変なおじさんです。どうぞよろしく。