●マーケティング戦略とは
簡単に

●誰に
●どんな価値を
●どのように提供するかです。

戦略の第一歩は、顧客や市場、競合、そして自社を理解することです。

●誰に、を決める。
メインターゲットの顧客を定めます。
市場を把握し、年齢層、業種、地域、趣味趣向、収入、感性、性格、好き嫌いなど無限に考えられる中から、誰を見つけ出すかどうかです。ポジショニングです。市場を把握するセンスとスキルは問われます。わかりにくい場合は、特定の人をひとり決めてその人をターゲットとして聞いたり考えたりすることです。

●どんな価値を
ターゲットが定まったら、どのような価値を提供するかを決めます。市場が成熟し、様々なサービスが溢れるなかで、顧客はなぜ、あなたのサービスを選ぶのでしょうか。という答えです。自社の強みを用いて最高の成果を提供でき、競合に比べて明確な優位性を持てるターゲットを見極め、そこに集中させます。

・サービスは顧客のどのような課題を解決するのか、
・購入するとどのようなメリット(感動)があるのか、
・そして、競合サービスと比べ、どのような違いがあるのか。

競合優位性のあるポジショニングを定め、サービスの価値を決めます。

・コスト・リーダーシップ戦略は、業界の最安値を狙う。(例:ユニクロ)
・差別化戦略は、競合と比較してより高い付加価値の提供をする。(例:グッチ)
・集中戦略は、顧客の好む特定のサービスに絞って、特定の層に対して集中させる。(例:1PIU1UGUALE3)

●どのように提供するか
その価値を、しっかりと顧客に伝える。
理解してもらい、好きになって、覚えてもらう方法を考えます。
見た人に、何を伝え、どんな印象を与えたいのか、
デザインやロゴや写真、そしてサービス内容を見たときに
どのように感じてほしいのかです。
それが、ブランディングです。

ブランドの世界観を創造し構築すること。(幸せの提示で感動させられるか)

・目標:長期的に勝ち残る優位性の高いブランド戦略。
・イメージ「らしさ」「人格」「〇〇風」デザインやコピーのトーンを統一する。
・ほかと違う明確な差別化をする。
・心と感情の時代。機能性だけでなく、感情に訴えかける。
⭐︎人の心は、理屈ではなく感動で動きやすい!
・表面的な豪華やカッコよさだけでなく、理念も含んだ一貫性のあるブランドを構築。
・イメージを継続して認知度をあげ、長期的に好感を持ってもらう。
・好感と安心感が出てくると知覚品質やブランド連想の効果もあらわれます。

●伝え方
・具体的な広告、PR広報、デザインについては別に説明します。

●トータルに考えて行きます。
・ターゲット:どんな客層?(年齢層、地域、趣味趣向、収入、性格など)
・特徴:明確な優位性はなんですか?
・ベネフィット:お客様が得られる価値はなんですか?
・価格:なぜ、その価格設定なんですか?
・ブランドの理解を深めて共感するスタッフを取り入れ育てますか?
・ブランドの価値を高めるための日々の改善・向上を常に意識してますか?
・お客様への約束となる価値(体験)をサービス内容の中で実現していく運営力を高めてますか?など

●行動と戦略。
すばやい行動力はブルーオーシャン市場にとっては強力な武器です。ですがレッドオーシャン市場では戦略がともなわない行動は武器にはなりません。

逆に、実行されない戦略は、どんなに理論的でも、成果は出ません。

レッドオーシャン市場では戦略と行動力が必須です。戦略的な方向性がない行動は、成果をもたらさないばかりか理想的な状態から遠ざかる可能性が大きくなります。

つまり「考え方」と「行動」の二つをガッチリと結びつけることが重要です。「戦略的・俯瞰的な視点」と「戦術的・現実的な行動」です。

「戦略的・俯瞰的な視点」と「戦術的・現実的な行動」でも失敗をします。失敗しながら改善して成功を積み上げていきましょう。

また、長期的な目標を持ち、理念も向上させていきます。

●リ・ブランディング
人を惹きつける商品・サービス・企業にするには?

どんなに良いブランドでも、立ち上げ当初からまったく変わらなければ、顧客に古くさく思われ忘れ去られてしまいがちです。ロングセラーのブランドが愛され続けるのは、ブランドイメージが常に向上するように!好感を持たれるように! 商品やサービスの内容、広告デザインや訴求のしかたを時代に合わせて進化させているからです。

現時点でのブランドのポジショニングを調査します。自社の強みはなんなのか?いま自分たちがどのポジションにいるのか?競合はどこに位置しているのか?自社の強みと弱みはなんなのか?差別化の方向性は?など、徹底的に見直します。

今のブランドの問題を特定して初めて、新たなブランデイングを行います。

どんなお客様に、どんなサービスを、どのように伝えるのかを明確にして伝えます。

マリメッコマリメッコウニッコマリメッコmarimekkoマリメッコmarimekkoマリメッコmarimekkoウニッコ

宇宙の法則でも
現実でも、好意を持てば、好意を持たれます。
お金にも、人にも、好意を持ちましょう。

お金持ちになることは、
人に幸せを与えること、喜ばれることを考えて、行動することです。

ですが、お金は手段です。
お金持ちになることと、
幸せになることとは違います。

お金があったら幸せというのは幻想です。
お金持ちで不幸を感じている人は
中間所得者層の人より多いのが現実です。

まずは何が幸せなのか
あなたの希望や夢を考えてみてください。
そのために必要な気持ち
そのために必要な豊かさ
そして必要なお金や豊かさ、そして愛をいただく事になります。

基本的には、いつも感謝して、
人に幸せを与えれば、
人に豊かさを与えれば
人に幸せを感じさせれば
人を感動させれば
人のために、何か役立つことをすれば、
自然とお金と愛は流れてきます。

企業や会社の理念はそういう豊かさの経済活動です。
その中には、いろいろな欲が絡んできますので
おかしなお金の流れもありますが、
最終的には、人に幸せを多く、便利さを多く、
喜びや、楽しさを多く与えた人や
企業へお金は流れます。
これは、製品やサービスの内容が、はっきりと優位性がなくても
フラシーボ効果で得られる場合はあります。

人に幸せを与えられる、あなたらしい考え方や態度。
人に幸せを与えられる、あなたらしい夢や希望。
あなたらしいオリジナルなスキル。
あなたの幸せに対するポジティブな考え方。

そして
人に幸せを与える行動
人に幸せを提供する商品や仕事
人に幸せを提供するサービス。

それは、
役に立てて本当に嬉しい、喜んでもらえてとても嬉しい。
という自分の喜びを伴うものであると、お金は自然と増え幸せになり
あなたの人生のミッション(使命)に繋がっていきます。

マリメッコマリメッコウニッコマリメッコmarimekkoマリメッコmarimekkoマリメッコmarimekkoウニッコ